• HOME
  • 保育方針・ごあいさつ

こばと保育園よりごあいさつと保育方針

ごあいさつ

理事長 鍵和田 敏子

理事長 鍵和田 敏子

こばと保育園は、ネーブルパークに隣接する最高の環境にあります。
ネーブルパークは、四季折々の美しい自然や、子供連れのご家族が楽しむ事ができるいろいろな施設を備えておりますから、ぜひご散策かたがた当方をご見学ください。
自然は神様の創造のみ業ですが、それを整えてより美しくするのは人の手です。
同様に子育ても、神が創造された幼い命を、どのような社会人として世に送り出すか、それが親や家族、保育士、教師等の隣人に与えられた責任ではないでしょうか。
私たちは、お仕事のため日中に育児に携わることのできない親御さんに代わり、人生の土台となる乳幼児期の命の保護育成という重い責任をふまえて、1972年にこの保育園を設立しました。長い歴史を通して多くの方々のご協力、ご声援を戴き、今日あることを心から感謝しております。

また2008年には、育児中のママたちに、少しでもお役に立てればと、子育て支援センターを開所いたしました。なにとぞ育児のストレスを抱え込まないためにも、この施設をクリック、ご検討の上ご利用ください。

園長 工藤 義人

園長 工藤 義人

子どもは豊かに伸びていく可能性をその内に秘めています。

「この子どもは、ここまでしか出来ない」、「もうこれ以上は望めない」ということは決してありません。どの子どもも無限の可能性を持っているのです。

保育園での一日一日は子どもの成長発達にとって、とてもかけがえのない日々です。この大切な一日を保育者は子供たちの最善のために精一杯の努力をする必要があります。

教育が、人間自身が崩壊しつつある現在こそ、幼児時期の保育の重要性を考え、神を敬い、人を敬い、愛することのできる子どもたちの成長を目指し、一人一人の子どもたちを真ん中にし、養護と教育が一体となって、
豊かな人間性を持った子どもを育成していきたいと願っています。

保育方針

目的

本園は、児童福祉法によって定められた児童福祉施設であって、
保育に欠ける乳幼児をお預かりし、保護者に代わって保育することを目的とします。
(児童福祉法第35条3、第39条1)

名称

「はと」は、旧約聖書のノアの箱舟の故事(創世記8章10~12節)によれば希望と平和の象徴であり、また新約聖書によれば神の霊(マタイ4章16節)、あるいはイエス・キリストの清い柔和な人格を表しておりますので、これにちなみ特に幼児のために「こばと」と命名しました。

保育方針

キリスト教精神に基づく集団生活を通して、神を敬い、人を愛し、罪の誘惑に勝つ正しい良心を持つ健全な心身、良い習慣、年齢に応じた知能などを育成することによって、児童憲章十二章に言われているように「愛とまことによって結ばれ、よい国民として人類の平和と文化に貢献する」ことのできる社会人の土台が、ひとりひとりの中に築かれるように導きます。

保育目標

子どもは豊かに伸びていく可能性をうちに秘めています。
こばと保育園では、神を敬い、人を愛し、尊び、望ましい社会をつくりだす力の基礎を培うことを保育の目標とします。

  • 1.神を敬う心を養う。
  • 2.感謝する心を養う。
  • 3.友達を大切にし、助け合い、思いやる心を養う。
  • 4.健康、安全など生活に必要な基本的な習慣や態度を養う。
  • 5.豊かな感性を育て、創造性の芽生えを培う。
  • 園内の一日
  • 年間行事
  • 保育方針
  • 保育内容
  • 一時保育 特別保育
  • 施設案内

子育て支援センター(TEL:0280-92-2616)

子育て支援 親子教室 園庭開放

子育こばと保育園では、育児不安を抱えているお母さん・お父さんを支援し、子どもたちを守りたいという思いから「子育て支援センター」を設立しました。子育ての相談、お母さん同士の意見交換の場の提供など、子育て環境が少しでも良くなるよう、手助けできたらと願っています。
親子教室や園庭開放・園内開放、子育て相談、食育教室、子育てサークルなど様々な活動やイベントを行っております。

このページの上に戻る

0才児~就学までお預かり 認可保育園 子育て支援センター

ネーブルパークに隣接

  • 送迎あり
  • 月保育
  • 一時保育
  • 特別保育

TEL:0280-82-2616

  • 〒306-0225 茨城県古河市磯部1648-1
  • ■保育時間:7:00~19:00
  • ■保育日:月~土曜日 ※土曜日は7:30~17:30【休園日:日曜・祝日】
  • 【バスをご利用の場合】
    JR古河駅よりJRバス(大綱行き)にて約20分「ネーブルパーク前」下車徒歩5分
  • 【車をご利用の場合】
    新4号バイパス 柳橋交差点から56号 約7分

お問い合わせフォーム